2021年08月


室﨑益輝先生の喜寿記念講演会(CODE海外災害援助市民センター)を視聴しました (2)

2021年8月22日 日曜日

(室﨑益輝先生の喜寿記念講演会 ゆかりの方々からのメッセージがありました)

 

村井雅清さん (CODE)

 

室崎先生に出会った当初、室崎先生が「ボランテイア道」ということを言われました。

私は阪神神戸大震災前に、神戸の地場産業ケミカルシューズ製造で働いていました。
その頃に「人の足」のことを考える近藤先生のことば「君は怠けものだから一生足から離れるな」に出会ったのです。

室崎先生に出会ったとき、まさにこのことばにある通り、自分も「ボランティア道」から一生離れずやっていこうと思いました。

室崎先生の今日のお話のなかで、先生の原点が戦争だった(戦中の尼崎に生まれ空襲の焼け野原の光景が幼い頃の記憶に刻まれている)と話されましたが、まさに今、アフガニスタンがたいへんな時期にある時期に、CODEとしてこのような講演会を開催できたことも、ボランテイア道のなかにあるのだろうなと思っています。

喜寿のお祝いを申しあげます。

IMG_0111

中川寿子さん コープこうべ理事 CODE理事

最近、未来基金の学生さんたちと花隈公園で飲み会をしていました。
室崎先生が少し遅れて参加されて、また他の集まりもあると言っておられました。
たくさんの若い方たちに囲まれて、たくさんの思いを抱いてこられたことと思います。

コープこうべはキリスト者である社会運動家 賀川豊彦によって創立されました。困難を抱えている人たちを見て、いてもたってもいられない思いで動くことが原点です。
神戸には市民が支え合う文化があるのでは、そしてその中でコープがひとつの役割を果たしてきたのではと言われると面映い思いがありますが、これからも市民の力を信じてやっていきなさいという教えと捉えています。

コロナ禍にあって、昨今は日本社会の底が抜けたような思いがしています。
もういちど原点にかえって頑張っていきたい。
そのような決意を述べて、お祝いのことばにさせていただきます。

ーー

酒井明子さん
災害看護 福井大学, 学術研究院医学系部門, 教授

研究領域: 災害 / 心理 / 被災者 / 災害看護 / 復興期 / 看護技術 / 評価 / 身体侵襲 / 演習 / ロボット / 採血 / 熟達 / 臨床看護 / 看講技術 / 支援者 / 災害初期 / 災害中長期 / 心理的支援 / 心理的変化 / 地域力 / 他職種連携 / 連携 / 住民重視 / 多職種連携
亡くなられた黒田裕子さんをとおして室崎先生に出会いました。

25−26年前の災害看護は発災直後のことが中心でしたが、生活再建が大切ということを黒田さんから厳しく教えられたのです。

室崎先生と四川の大震災でごいっしょさせていただいた際に、若いひとを育てる大切さ 若い人といっしょに考えていくのだという姿勢を語られ、接していることを楽しく感じておられるのかなと思いました。

いっしょに現場にいること、気持ちをきくことの大切さ。

行政に近いところから、市民のなかに入っていって減災のことをほんとうに考え、情熱愛情を感じておられることに心が動きます。

深刻なコロナ禍のなかで感染拡大を理由に手を引っ込めてはいけないと感じています。

ひとの命と暮らしと地域の一体化、地区防災計画の課題が山積している現在、毎日 地区の話のなかに入って、皆で手作りにする防災を考えています。

青田良介氏 兵庫県立大学兵庫県立大学, 減災復興政策研究科, 教授

研究領域: 震災問題と人文学・社会科学 自然災害科学 防災学

 

私は県庁にいて台湾地震の復興報告書をまとめていた頃に室崎先生に出会いました。

週一回ボランテイアで教えていただきながら査読論文を書きなさいと言われました。その指導のおかげで学位をとることができました。

いま教員の立場に立って、引き継いでいかれればと考えています。

健脚な室崎先生と、ネパールやトルコに行きました。

ネパールで頭を怪我したが、次の日はまたいっしょに動いていました。

またトルコでは、アンカラのお城の急勾配をどんどん登って行かれました。

引退じみたことをよく言われるので、是非引き続き後進の指導にあたっていただきたい。

 

蒲生 哲さん  陸前高田市

巨大な事業費でだいたいハードの整備が終わったところである。

それが正しいであろうと思っています。

コロナ禍のなかでも神戸のひとたちとつながっています。

神戸大学 細く長くという教えが生きていると思います。

 

内藤さん 兵庫県立大学大学院 減災復興政策研究科 第1期生

地元三重県で小学校1年生の担任をしています。

研究科の学生として、先生といっしょに被災地へ入ったとき、「避難所でお花を飾りなさい」と言われました。

広島県の豪雨災害現場の仮設住宅の集会所でお茶会をしたとき、お花を飾るようにしました。

わたしたち学生が不器用なので、仮設にお住まいのあるお母さんがイベントの朝に来られて、「お花をいけてあげるから、器とお花をちょうだい」と言われたのです。

そのお母さんは人づきあいが得意という方ではないけれども、お花を飾ることと、ちょっとした話を楽しみにしておられる方だったと思います。

また、イベントに来られなかった方に、お花をもらってもらうことを口実にお訪ねしたりもしました。

このように、お花を活けることは私たちにいろいろなことを教えてくれました。

私たちはみな、日常の生きがい 友だちとの関わりがある。その日常を少しでも取り戻せるように。

その日常はひとりひとり違うもの。

その違いにわたしたちが気づいて、わたしたちがそれに真摯に向き合うことの大切さを学びました。

現場では、いつも物事がスムーズであったとは言えません。
パッションにあふれてぶつかり合うこともありました。

先生によって集めていただいた学生たち、抱えきれない思いを共有できたのが、研究科の同期の仲間だったと思います。

 

その他の方々からのメッセージ

ーー

芹田健太郎先生より 「お互い心身を磨きましょう。」

現在 CODEでインターンをしている 黒瀬さんより

「このコロナ禍にあって、子ども食堂やベトナム寺院へ来ている方々のお話をきく 耳を傾けるということを意識してやっていきたいと思っています。」

 

室崎先生 最後にひとこと。

安全で安心な社会づくりはエンドレスです。

世界中のひとたちが皆で手をつないで動いていく 大きな輪をつくる第一歩。

基礎的なところに若者がたくさんいるというところが眼目であると思います。

その輪をこれからも作っていきたいです。

ーー


室崎先生、講演会を企画運営してくださいましたCODEの皆様 貴重なお話を誠にありがとうございました。
毎年災害の絶えない日本、解決の道筋の見えないコロナ禍は、世界規模の災害と言えるものです。
ますます拡大する社会的な格差を見るにつけても、暗澹とする思いがいたします。
そして世界の皆が避けてとおることのできない地球温暖化の問題、紛争や政治不安によって国を追われる人たちの存在。

室崎先生のお名前をかねがね伺っておりましたが、黒田裕子さんとのつながりや、ずっと以前から歩いてこられた道のりのお話を伺って、非常に勉強になりました。
青木正美が、室崎先生のかかわっておられた関西学院大学災害復興制度研究所の客員研究員として 村井雅清さんに出会ったところから、makenaizoneが活動をはじめるきっかけになりました。
私事になりますが、阪神淡路大震災のときに亡くなった私の連れ合いも関西学院大学の教員だったことにも思い到ります。
このご縁の不思議さを思い、深く感謝しております。

「まけないぞう」のご縁で「KOBE」とつながっている私たちmakenaizoneも、そのような課題から目をそらすことなく、それぞれの置かれた場所で生きなければと、あらためてエネルギーをいただきました。

室崎先生はじめ関係者の皆さまの長年のご努力に心より敬意を表し、今後ともお元気でご活躍されますよう、お祈り申し上げます。

 

 


室﨑益輝先生の喜寿記念講演会(CODE海外災害援助市民センター)を視聴しました

makenaizone の田中幸子@アイルランドです。
8月22日 CODE海外災害援助市民センター主催でzoom開催された、
室﨑益輝氏 喜寿記念講演会「災害と共に~いま、半生を語る」
を視聴させていただきました。

makenaizoneは、このCODE海外災害援助市民センターの活動について、同じ敷地のなかにある(そしてスタッフも共通の方々の多い)被災地NGO協働センターの「まけないぞう」の応援をさせていただくなかで、ずっと見聞きしています。
したがって、室崎先生のお名前も、いつも伺っておりましたので、今回の貴重なご講演をアイルランドからzoomで視聴させていただけることを、とてもありがたく思いました。

murosakisensei
はじめに、CODE事務局長の吉椿雅道さんによる、CODEの紹介プレゼンテーション。
世界各国にまたがる災害支援プロジェクトはこちらから
1995年1月17日に発生した阪神・淡路大震災をきっかけに「困ったときはお互いさま」の心で海外の被災地支援を行ってきたCODE。
災害時の支えあい・学びあいを通して地球の市民どうしのつながりを築いてきました。

IMG_0099

室崎先生の災害と共に歩んでこられた半生を振り返るお話
以下にその一部を紹介させていただきます。

 

戦災の焼け跡の尼崎に降る台風の雨 その光景が原点である

 

1944年8月21日 第2次世界大戦中の空襲の焼け跡の生々しい尼崎に生まれ、幼い頃に目にした台風の被害の様が目に焼き付いてあることが原点。

大学では、建築学から防災学を目指すようになった。
特に高度成長の時代に建造されたインフラや建物が、火災や災害において無惨に崩壊し、人命を奪うようになった「歪み」を痛感した時代があった。

「68年に有馬温泉で旅館火災があり、その現場を見て「建築のデザイナーが人を殺した」と感じたことが、防災への道に入るきっかけ。大学院のゼミを建築設計や都市計画のゼミから消防防災のゼミに変更し、建築防災から次第に地域防災に取り組むように(なった)。」と内閣府TEAM防災ジャパンのリレー寄稿でも述べておられます。

阪神淡路大震災からの教訓

阪神大震災から、いくつかの教訓を得た。
そのひとつは「科学者として、それまでは市民と十分に向き合ってこなかったという反省
」である。

国や行政や学者の世界に目を向けることと同時に、市民のひとたちと議論をし間違いも正してもらえる、「市民と共にある」という立ち位置を大切にすることを学んだ。

また、「後継者を作るという責任を果たさなければならない」ということ。研究者に限らずボランティアの人たちも含め、これから未来へ向かっていく人たちの背中を押すこと。そのためのしくみや機関を立ち上げ運営してきた。→ 神戸大学、消防研究センター、関西学院大学の研究所、兵庫県立大学における仕事、防災教育にかかわるいろいろなイベントなど。

「被災者の生活をサポートする制度づくりに力を入れなければならない」
このことも専門家の責務である。
被災者に寄り添いながら行政を動かす。被災者の視点に立って制度を考えること。

「亡くなった方たちの遺族の方々との関係をどう作るか」

阪神大震災のあとたくさん電話がきた。
神戸に地震があるかもしれないということを、専門家としてそれまで十分に発信してこなかった反省で自分も精神的に凹んだ。
なんとか遺族の方々とお話をしようと聞き語り調査を行なった。
遺族といっしょにできるだけ同じ距離に立って、どうして亡くなったかという話を訊く。
道筋をみつけるような話をする。

事故原因調査の現場に入る科学の目と遺族の目のあいだには、距離があり、まだ未解決なところがある。
阪神淡路大震災からさらに将来へ向けての課題がいろいろと明らかになってきたように思う。

ーー

被災地への関わりについて Q&A

 

講演後に、室崎先生と司会者のCODEスタッフ 立部知保里さん(兵庫県立大学大学院減災復興政策研究科博士後期課程所属)とのQ&Aがありました。

Q  被災地で心掛けていることは?
A  被災者の心のなかに入れていただくように、ちゃんと腰を落として、手をつかんで、目をみつめて静かに話をすることです。
何を困っているのか、何をして欲しいと思っているのかを感じるように。

Q  最も影響を受けた人は誰ですか?
A  黒田裕子さんです。非常に厳しく、何度怒られたかわからない、しかしそのなかで学びました。
黒田さんの仕事について こちらから

また 小林郁雄さんは、大学は違うが一緒に働いてきました。「全体を見るひとが必要だから、ある場所に入ってしまうとそれができない」という助言をしてくれました。
全体を見ることの大切さを教えてくれました。

芹田健太郎先生(元CODE理事)から根本的な理念、市民社会のあるべき姿、進むべき道筋を教えられました。

Q  被災地で涙したことは?
A  何度もあります。辛い思いを吐き出される被災者の苦しみを我がこととするとき涙する。

東日本大震災の支援現場での光景。
学生が泥だしのなかから亡くなった娘さんの写真を見つけて、きれいにして、おばあさんにお手渡ししたら、おばあさんが泣き始める。学生はその姿を見て涙する。自分は学生のその姿を見て涙が出る。そうして亡くなった娘さんを思う気持ちが一体化する。

相手のことを常に思い、ごく自然に出る気持ち、被災者のひとたちといっしょになれるようにと思います。

何度議論してもひとつになれないこともあります。
究極は相手の気持ちを100%理解しきれていないので意見の対立も生まれるのです。

Q  愛読書やバイブルは?
A  堀井先生から受け継いだことばがあります。「和して同ぜず」
人それぞれ立場が違う 自分の意見ははっきりしなければいけない、ということです。

Q  好きな温泉は?
A  城崎温泉 お湯も良いし街並みも良い。
日本の災害復興 の素晴らしい例として、城崎、広島、函館 この3箇所を挙げたいと考えています。
城崎という小さな町でおこなわれた復興がすばらしい。
小さな川の流れている景観 ゆったりしたお湯。
時間があれば毎週でも行きたいところです。

 

最後にひとこと

 

「答えは被災者のおひとりおひとりのなかにあるよ」、と黒田さんに教えられました。
市民の方々への向き合いかた 気持ちをどう通わせていくのかというところで迷いがある。被災地現場でもっと学ばせていただけるよう頑張っていきたいと思っています。

ーー

このあと、ゆかりの方々からお祝いのメッセージがありました。(つづく)

◀ 前へ Older
次へ Newer ▶
ページトップへ Top of page