2021年03月


まけないぞう応援する熱い心で迎えた3月11日 特別な思いをもった1日でも、思い通りにいかないことが生きてる証か

2021年3月12日 金曜日

【神戸の家藤さん まけないぞうを応援する熱い心で迎えた3月11日】
今日は、会社の朝礼でまけないぞうを紹介して配るぞぉ!ってはりきってましたが、バタバタして配れず
世知辛いなぁ
14時46分は白板の前にたって打ち合わせのサマライズしてました
特別な思いをもった1日でも、思い通りにいかないことが生きてる証か
10年と1日目に、まけないぞうを配るぞ!
IMG_6184


10年目 それぞれに祈りました 10 years since 3.11 Big Earthquake and Tsunami occurred.

3−11から10年目。
それぞれに祈りました。

【makenaizoneの若林まみさんより】
東日本大震災から10年。天に召された方々のご冥福を心よりお祈りします。
そしてそれぞれの被災地のみなさんのそれぞれの10年の重みに想いを馳せて。黙祷。
It’s been 10 years since 3.11 Big Earthquake and Tsunami occurred. My prayer goes out to all the victims and their families who have lost their loved ones in the affected areas in Northeastern Japan.
IMG_6183

【makenaizone大分の高橋みわさんより】
おはようございます。快晴の大分県佐伯市です
10年前 散髪をしながら突然切り替わったテレビ画面の映像そしてサイレン
子どもたちはグラウンドに集合し緊急時の一斉下校
先日ネット徘徊していましたら、あの映像を撮り続けた方の言葉を知りました
自分は一番安全な空から多くの方々の瞬間を撮り続けていた
のちにその深い葛藤に苦しまれたそうです
その方自身たまたまの重なりで撮れたヘリからの取材映像
あの映像が世界を駆け巡り事実をこうして伝え残し、教訓として私たちに語りかけてくれていると
私は信じております
多くの御霊に深い悲しみを寄せます
#東日本大震災 #絆 #わすれない #黙祷 #元気玉 #まけないぞう #そなえよつねに
Miwasan_ok

【makenaizoneマリア隊の吉澤美枝子さんより】
R/JS時代の上司でお仲人さん(滋賀県在住)のサックス師匠(西村琴乃さん)が2枚目のCDを発売。
それを記念して上司が都内でライブをプロデュースしたので同期夫妻と駆け付けました。
奇しくも今日は3.11。
同期のご主人は被災者に寄り添う記事を書いている新聞記者。
偶然にも私が応援している「まけないぞう」のことも取材していました。
会場では懐かしい先輩方にもお会いし、みんなで「被災者を忘れない」を作り手さんに伝えたくて記念撮影!
(ライブは社会的距離を保ち19:30に終了しました)@セルリアンタワー東急ホテル
IMG_6182


東日本大震災から10年。それぞれの辛く長い10年の日々の重みに想いを馳せながら

2021年3月11日 木曜日

東日本大震災から10年。改めて震災で犠牲になられた方々のご冥福を心よりお祈りします。
そして大切なご家族ご友人を失われた皆さんそれぞれの辛く長い10年の日々の重みに想いを馳せながら 被災された方々がひと針ひと針心を込めて作られたまけないぞうさんと共にキャンドルを灯して黙祷。
It’s been 10 years since 3.11 Big Earthquake and Tsunami occurred. Our prayers goes out to all the victims and to those who have lost their loved ones in the affected areas in Northeast Japan. We will always remember the day we live is the tomorrow that the victims wanted to live, and we’ll continue what we can do for the recovery progress in the affected areas.
IMG_6174


CODE海外災害援助市民センター 吉椿雅道さんによる、3.11あの日、あの時

【CODE海外災害援助市民センター 事務局長 吉椿雅道さんによる、3.11あの日、あの時】

3.11あの日、あの時
2011年3月11日、神戸を出て東北へ向かった。
北陸道で新潟、山形をへて、翌日早朝、宮城県の岩沼や名取に入った。
水がまだ引いておらず自衛隊がボートで人命救助を行っていた。
名取で炊き出しなどをして、南三陸に向かった。
そこで原発事故が起き、福島の人たちが山を越えて山形県米沢に避難してきた。

米沢の仲間からSOSがあって、避難所の立ち上げや運営、足湯ボランティアなどのお手伝いをした。
東日本大震災の前に起きた宮崎の新燃岳噴火の被災地の方々から届いた野菜を使って、米沢のお母さんたちが炊き出しをしてくれた。

福島のあるお母さんは、「あの時、私たち何もしなかったのに、宮崎から野菜が届くなんて」と泣いていた。

2008年の中国四川大地震の被災地からもたくさんのメッセージが届き、避難所の廊下に掲示した。
炊き出しを待つ列に並ぶ福島の人たちがそれを読んでもらった。
やはり涙を流す人の姿があった。支え合いや痛みの共有が目の前にあった。

震災直後の東北の被災地で見たこと、聞いたこと、感じたこと、悩んだこと、出会った人たちや風景は決して忘れることはできない。
そして被災地KOBEより東北へ追悼の念を。

IMG_6175

IMG_6176

IMG_6177

IMG_6178

IMG_6179

IMG_6180

IMG_6181


作り手さんへお届けする まけないぞうニュース 紙のお手紙2021 no.1 Makenaizo Elephants’ (paper-based) News Letter 2021

2021年3月5日 金曜日

作り手さんへお届けする まけないぞうニュース 紙のお手紙2021 ができました。
2020年はやはりこの時期に、増島さんにお願いして、前年2019年11月からのニュースを載せた2020年版をお届けしていたのですが、それっきり ほぼ1年ぶりのお手紙になってしまいました。
各地のまけないぞう応援のメンバーも、なかなか思うように活動できませんが、作り手さんへ心をつなぐお便りを、とメッセージを集めました。
喜んでいただけますようにと念じております。

It’s been one entire year we couldn’t send our news to Makenaizo Elephant maker ladies in Iwate.
This time we made some messages to let them know we are doing all right, and that we are thinking of them.

-

-

-

-

-

-

-

スライド8


10年。3.11を迎えるにあたり想いを新たに。

【makenaizoneステーションが一新】
青木クリニックのまけないぞうステーションに、makenaizoneの岩崎みわこさんが新しい作品を飾りました。

「10年。3.11を迎えるにあたり想いを新たに。」

神戸の被災地NGO協働センターの増島さんから、コメントをいただきました。
「わぁわぁすごいすごい岩崎さんいつもありがとうございます。
岩崎さんの版画のぞうさんがいつもながら、とてもかわいいです
作り手さんはみなさんのそんなお気持ちに支えらえて、いまもコロナ禍でも生活されています。
作り手さんからの最新のメッセージを添えますね。
*************************
私達の作ったもので世界の多くの方々に笑顔が届けられたら私達も幸せです。
復興も物的には終わりに近づきつつありますが、今はコロナ禍で行動も制限されているような状態です。
一日も早くコロナが収束して交流ができることを願っています。
************************
みなさんありがとうございます!!」

-

-

IMG_6005

◀ 前へ Older
次へ Newer ▶
ページトップへ Top of page