makenaizoneの今。

makenaizoneの今。
「まけないぞう」を通して広がる輪。
facebookページ管理人の若林まみ&HP編集長の田中幸子から、いろいろな人たちのつながりをお伝えします。


作り手さんへお届けする まけないぞうニュース 紙のお手紙2022 no.1 Makenaizo Elephants’ (paper-based) News Letter 2022 #1

2022年7月9日 土曜日

【makenaizone 田中幸子より】
2022年7月9日
被災地NGO協働センターの増島さんが 7月11日に神戸を出発して、久しぶりに岩手へ行かれるとのことです。
コロナ禍で春からずっと行けなかったので、7月末くらいまで滞在予定とのことです。

きっと、作り手さんたちが首を長くして待っていらっしゃることでしょう!!
私たちmakenaizoneも、なかなか販売会などできずに歯痒い思いをしていますが、それでも「まけないぞう」愛は相変わらず強い仲間です。
今回のお手紙には、CODE海外災害援助市民センターの吉椿さんたちがやっておられるMOTTAINAI野菜便のことや、村井さんと増島さんが淡路島へ行かれたときのお話なども拝借して作りました。

増島さん、作り手さんたちに、どうぞくれぐれもよろしくお伝えください!
ご無事のドライブでありますように。行ってらっしゃい!

まけないぞう の応援のニュース どうぞお寄せください。
Facebookのmakenaizoneから、メッセンジャーで。
MOTTAINAI野菜便の応援もよろしくお願いします。

*MOTTAINAIやさい便では、ウクライナの食材であるディルやビーツを作っている方を探しています。または作っている方をご存知の方がいましたら、CODEまでご一報ください。
CODE海外災害援助市民センター
〒652-0801 神戸市兵庫区中道通 2-1-10
tel +81(0)78-578-7744
fax +81(0)78-574-0702
e-mail:info@code-jp.org
☆救援募金にご協力下さい
郵便振替:00930-0-330579
加入者名:CODE
*通信欄に支援先を明記してください。
(例:「もったいない野菜」)
*募金全体の25%を上限として事務局運営・管理費に充てさせていただきます。
*クレジットカードをご利用の方は下記ページからご寄付いただけます。

makenaizone2022_01_02

-

 

-

-

-

-

-

-

makenaizone2022_01_10


雨に濡れた紫陽花が美しい季節を再び迎えられることなく天に召された皆さまのご冥福をお祈りします

2022年6月11日 土曜日

東日本大震災から11年と3ヶ月。
雨に濡れた紫陽花が美しい季節を再び迎えられることなく天に召された皆さまのご冥福をお祈りし、被災地の方々が一針一針心を込めて作られたまけないぞうさんと共にキャンドルを灯します。

明日が来るのは決して当たり前のことではないと胸に刻みながら 大切なご家族、ご友人を亡くされた方々、未だにお辛い日々を送っていらっしゃる被災地の皆さんの為に 今日を生かされている自分達に出来る事を続けて行きます。
また、コロナ禍終息のために、そして世界各地の戦争や紛争で苦しんでいらっしゃる皆さまに平穏な日々が一日も早く戻りますように心よりお祈りします。

It has been 11 years and 3 months since 3.11 Disaster occurred. Our prayers go out to those who have lost their precious lives, to those who had to say bye to their loved ones, and to those who are still missing. Since our “Today” is “Tomorrow” that all the victims could not live, we’d like to continue what we can do for the recovery progress of the affected areas of 3.11 & all the other natural disasters around the world. Praying with candle lights & Never give up elephants the affected people made in Tohoku area.  We are also praying for all people who have been struggling so hard against Corona Virus  and the Wars & the Conflicts all over the world.

Candle_2022-06


五月の青空を再び見上げることなく天に召された方々のために祈ります。

2022年5月11日 水曜日

 東日本大震災から11年2ヶ月。五月の青空を再び見上げることなく天に召された方々のために祈ります。
多くの夢や希望を叶えられたかもしれない今日という日を迎えることが出来なかった多くの方々の想いに心を寄せ、キャンドルライトと被災地支援のまけないぞうさんと共に黙祷。
また、今だに世界中において収まる兆しのない新型コロナウィルスの犠牲になられた方々、また戦火の中で苦しんでいらっしゃる全ての方々のもとに一日も早く平和な日々が戻って来ますようお祈りいたします。

Our prayer goes out to those who have lost their precious lives due to 3.11 Big Earthquake & Tsunami as well as all the other natural disasters. We’d like to keep on doing what we can do for the recovery progress of the affected areas. In addition, we are praying for those who have  been struggling so hard against Covid-19 and the ravage of war all over the world.

Candle_2022-05


東日本大震災から11年1ヶ月と1日が過ぎました

2022年4月11日 月曜日

東日本大震災から11年1ヶ月と1日が過ぎました。4月のそよ風に吹かれながら春の花々を再び愛でることなく天に召された方々のために祈ります。
元気に新年度を迎えることが叶わなかった多くの方々の想いに心を寄せ、キャンドルライトと被災地支援のまけないぞうさんと共に黙祷。

また、戦禍の中厳しい状況下におかれていらっしゃるウクライナの皆さんに心休まる平和な日々が戻ってくることを、そして新型コロナウィルスの一日も早い終息を心より祈ります。

Our prayer goes out to those who have lost their precious lives due to 3.11 Big Earthquake & Tsunami as well as all the other natural disasters. We’d like to keep on doing what we can do for the recovery progress of the affected areas. In addition, we are praying for Ukraine people and those who have been  struggling so hard against COVID-19 .

Candle_2022-04


東日本大震災から11年。そして今、戦禍に苦しむ世界の全ての方々に一刻も早く平穏な日々が戻ってきますように。

2022年3月11日 金曜日

東日本大震災から11年。満開の桜を再び見上げることなく天に召された方々、またその他全ての自然災害の犠牲者の皆さまのご冥福をお祈りします。
尊い命を落とされた皆さま、大切なご家族ご友人を亡くされた皆さまの今日に至るまでの長くお辛い時間に想いを馳せ、まけないぞうさんと共にキャンドルに火を灯して黙祷。
そして今、戦禍に苦しむ世界の全ての方々に一刻も早く平穏な日々が戻ってきますように心よりお祈りいたします。
My prayer goes out to those who lost their precious lives and to those who lost their loved ones due to 3.11 Big Tsunami and Earthguake and all the other natural disasters as well as to those who are presently suffering so much from the ravage of war in the world.
Candle_2022-03

次へ Newer ▶
ページトップへ Top of page